デザイン

【Photoshopで簡単】テキストに遠近感を!文字に奥行きや角度をつけて加工する方法

【Photoshopで簡単】テキストに遠近感を!テキストに奥行きや角度をつけて加工する方法

この記事でご紹介するPhotoshop tipsは、本の表紙を加工したい時などにとっても便利!

 

こんな風に、テキストに角度をつけて、奥行きを持たせる方法をご紹介します。

Photoshopなら簡単にできるよ! 

 

加工前の写真

こちらの写真を使います。

本のタイトルをつけてあげましょう。

 

まずは普通にテキストを入れてみる

テキストを入れて、command(windowsの場合はctrl)+Tで角度を変えてみますが、

これだけだとなんだか違和感がありますよね。

 

command(ctrl)を押しながら変形するだけ

奥行きをもたせる方法は簡単です。

 

command(windowsの場合はctrl)+Tを押して、自由変形の状態にした上で、

キーボードのcommand(windowsの場合はctrl)を押しながら変形するだけ!

ぐいーっと調整したら完成です。

 

綺麗に作るコツ

コツは、本のラインと、テキストのラインが平行になるようにすること。

こうすることで、自然な加工に仕上がります。

 

平面じゃないものを加工するときも、この方法を覚えておけば安心です!
ブログランキングを見る

ブログランキングに参加中です。

記事を気に入っていただけたら、猫様をぽちっとしていただけると嬉しいです!