デザイン

デザインが物足りないときの簡単Photoshopテクニック「テキストや図形に水彩風のエフェクトをかける」

Photoshopで簡単!テキストや図形に水彩風のエフェクトをかける

今回は、バナーデザインでよく使う、一瞬でデザインの物足りなさを解消するPhotoshopテクニックをご紹介します!

 

これからご紹介するステップに沿っていけば、めちゃくちゃ簡単!

なのに、一瞬でクオリティが爆上がりするので、私もよく使っている手法です。

 

文字に水彩風のエフェクトをかける

今回作成するものの例をお見せします。

 

1枚目がなにもしない、ただ単色で塗っただけの文字。

2枚目が、水彩風にエフェクトをかけたものになります!

テキストや図形に水彩風のエフェクトをかける テキストや図形に水彩風のエフェクトをかける

2枚目の方が、なんかちょっと良い感じじゃないですか…!?

一気にデザインした感が出ますよね。

 

では実際に、作り方を1ステップずつ解説していきます!

 

 

①Googleで「水彩 素材」で画像検索

まずは水彩の画像素材を探します。

私はいつもGoogleの画像検索で探します。

 

こんな感じ

「水彩 背景」の検索結果

この中から、好きな素材を決めましょう。

有料サイトや商用利用不可の素材も混ざってますので、商用利用無料の素材を探します。

 

 

②良い感じの素材をダウンロード

今回は、こちらの「水彩画イラストフリー素材集」のサイトから使用させていただきます。

※必ず利用規約に目を通して、商用利用無料であることを確認してください。

 

水彩画イラストフリー素材集

こちらの画像をダウンロード!

 

 

③Photoshopで画像を配置

Photoshopで、エフェクトをかけたいもの(今回はテキストレイヤー)の、一つ上のレイヤーに、先ほどダウンロードした水彩画像を配置します。

 

どーんと。

エフェクトをかけたい対象が、すべて隠れるようにしましょう。

Photoshop画面

 

④クリッピングマスクを作成

水彩画像のレイヤー右クリックして、「クリッピングマスクを作成」をクリック!

クリッピングマスク

 

すると…どん!

クリッピングマスク成功

おお…!一瞬で良い感じになったぞ!!

 

ここで完了でもいいのですが、さらに良くするためのTipsをご紹介します。

 

おまけ①水彩が薄い場合は、トーンカーブで調整して濃くする

水彩って薄くて淡い色が多いので、文字に使うと可読性が落ちてしまう可能性があります。

この水彩の色を、簡単に濃くする方法をご紹介します!

 

1.水彩画像のレイヤーを選択した状態で、トーンカーブ(command/control + M)を出します。

2.斜めに入っている一本線の左下を、ぐいーっと下にさげていきます。

3.良い感じに濃いところで、OKを押して完了!

トーンカーブ

 

 

おまけ②画像を動かして調整する

クリッピングマスクを作成した後に、水彩画像のレイヤーを自由に動かしてみてください。

水彩のムラが良い感じになる位置で、自由に調整することができます!

 

 

ちょっとしたひと工夫で、デザインクオリティアップ!

いかがでしたか?

とっても簡単なひと工夫で、デザインクオリティを一気にアップさせることができます。

 

ぜひ、文字や水彩画以外にも、いろんなパターンで応用して使ってみてくださいね!

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加中です。

記事を気に入っていただけたら、猫様をぽちっとしていただけると嬉しいです!