デザイン

webデザインのオンラインスクール、どこを選べば良いの?失敗しないためのポイントと、スクールを120%活用する方法

webデザインのオンラインスクール、どこを選べば良いの?失敗しないためのポイントと、スクールを120%活用する方法をご紹介

webデザインを学びたい!

でも、オンラインスクールやオンラインサロンがいっぱいあって、どこに行くべきかわからない…。

 

この記事では、そんなあなたに向けて

webデザインのスクール選びの際に、押さえておくべきポイントを解説します。

 

また、スクールを選んで終わりではなく、

スクールの費用を無駄にしないために、スクールを120%活用するコツもご紹介!

これからwebデザインを学ぶ方、必見です! 

 

 

webデザインスクール選びのポイント

実際に通ったことのないスクールの良し悪しは判断できないですし、

相性があるので、ここのスクールが良いよ!とおすすめすることはしません。

 

その代わり、選ぶ際に押さえてほしい重要ポイントを解説します。

あなたが気になっているスクールが、その基準をクリアしていればバッチリです。

 

ポイントはこちら。順番に解説していきます。

・卒業後に実際に活躍している人がどれくらいいるのか

・この人みたいになりたい、と目指したい人がいるか

・デザイン重視かコーディング重視か

・仲間と一緒に学べるか

・ポートフォリオ作成を作れるのか

・費用やスクール独自の特徴

 

 

卒業後に実際に活躍している人がどれくらいいるのか

そのスクールを卒業して、実際に活躍している人がどれくらいいるのかは、

そのスクールの良し悪しを判断する良い基準になります。

 

中には、一部の特別な人だけを紹介して、

いかにも実績があるように見せているスクールもあるので、注意しましょう。

卒業生のストーリーや実績などが頻繁に更新されていたら、信頼できそうです。

 

 

この人みたいになりたい、と目指したい人がいるか

スクールの講師や、卒業生の中に、「この人みたいになりたい!」という人がいますか?

 

同じwebデザイナーでも、働き方は人それぞれです。

フリーランスで自由に働いたり、会社員として大きなプロジェクトに関わったり、子育てしながら自宅で働いたり、などなど…

 

自分自身が目指したい場所にいる人から、学べる場所を選びましょう。

 

 

デザイン講師は、ツールのプロではなくデザインのプロなのか

オンラインスクールに通ったのに、デザインが出来るようにならない…という人の多くは、

Photoshopなどのツールの使い方だけマスターして、

肝心のデザインの仕方を学べなかった人です。

 

ツールは、あくまでただの道具。

ツールの使い方ではなく、実践的なデザインの方法を教えてくれるのかは大事なポイントです。

 

 

デザイン重視かコーディング重視か

webデザイナーには、大きく分けて3つのパターンがあります。

・デザイン重視タイプ(PhotoshopやXDなど)

・コーディング重視タイプ(HTMLやCSSなど)

・デザイン&コーディング両立タイプ

 

3つ目の両立タイプは、ベテランwebデザイナーの中でもとてもレアな人材。

世の中のwebデザイナーは、デザインかコーディング、

どちらか一方を得意としている人が多いです。

 

つまり、デザインとコーディング、両方できるようになる必要はないってこと。

(最低限の知識は知っている必要がありますが)

 

特に初めのうちは、両方やろうとすると手が回らずどちらも中途半端になってしまうので、

基礎だけ両方学んだ後は、どちらかに特化して学習を進めることをおすすめします。

【webデザイン初心者向け】デザインスキルを最短最速で高めるために重要なポイント3つ
【webデザイン初心者向け】デザインスキルを最短最速で高めるために重要なポイント3つ少しでも速くデザイン力を向上させて、デザインに自信が持てるようになりたい!! この記事では、そんな不安の解決策として デザイン力を最短最速で高めるために重要なポイントを3つご紹介します。 1:参考を探してからデザインする 2:コーディングはやらない 3:プロからフィードバックをもらって完成まで持っていく...

 

 

自分が好きな方、楽しく続けられそう!と思う方を、

より重視して学べるスクールを選びましょう。

 

どちらが良いのかわからない…!という方は、次のことを試してみてください。

・YouTubeなどでPhotoshop講座を見ながら、バナーを作ってみる(デザイン分野)

・progateのHTML/CSSコースをやってみる(コーディング分野)

「楽しい!もっとやりたい!」と思った方へ、突き進んでいただければと思います。

 

 

スクール選びの際は、

デザイン重視派なら、現役デザイナーにこまめにデザイン添削をしてもらえるところ。

コーディング重視派なら、プログラミングスクールに併設しているwebデザインコースや、つまづいた時にすぐに質問できるスクールがいいかもしれません。

 

 

仲間と一緒に学べるか

マンツーマンレッスンなのか、個人で学習を進めるタイプなのか、仲間と一緒に進むスタイルなのか…、スクールによって形式は様々です。

 

私のおすすめは、仲間と一緒に学べるタイプ。

切磋琢磨できる仲間がいるとモチベーションアップにもつながりますし、

励まし合ったり情報交換し合ったり出来る、貴重な人との繋がりを作ることができます。

 

 

ポートフォリオを作れるのか

スクール卒業後に、実際にwebデザイナーとして就職したりお仕事を受注するためには、

ポートフォリオ(自分の作品集)が必要不可欠です。

 

スクールの課題の中で、ポートフォリオに載せられる作品作りが出来るのか

また、ポートフォリオの制作をサポートしてもらえるのか、なども重要な判断基準になってきます。

 

 

費用やスクール独自のポイント

ここまでの基準をクリアしたら、あとは費用やスクール独自のポイントを比較して、

ここで学びたい!とワクワクするスクールを選んでください。

楽しくないと続きませんから。

 

たとえば、子育て中のママさんだったら、ママさん限定のスクール。

自宅では集中できないという方は、近所に通える教室があるスクール。

コーディングにはどうもアレルギーが…という方は、コーディングを一切教えない超デザイン特化のスクール。

などなど…

 

今はいろんなタイプのスクールがたくさんあるので、

自分に合いそうな場所を、探してみてくださいね。

 

 

スクールを120%活用するために、知っておいてほしいこと

オンラインスクールやオンラインサロンは、決して安い金額ではありません。

貴重なお金と時間を費やして学ぶからには、最大の効果を得たいですよね。

スクールを120%活用するために、絶対に覚えておいて欲しい心構えをお伝えします。

 

 

スクールに通っても、8割の人はwebデザイナーになれない

webデザイナーになれるのは、たったの2割程度。

スクールに通ったからといって、絶対にwebデザイナーになれるなんて保証は、どこにもありません。

では、成功できる2割の人と、成功できない8割の人は、何が違うのでしょうか?

 

 

誰よりも多くアウトプットしよう

成功する人の共通点は、他の人よりも多くアウトプットしている。

これに尽きます。

 

例えば、バナー作成の課題が出されたとしましょう。

「来週までに1つ作成する」という課題だったら、

1つとは言わずに、2つ3つ4つ5つ、どんどんチャレンジしてみましょう。

 

スクールに通っている間の、プロに添削してもらえるチャンスがあるうちに、

出来るだけ失敗をたくさんしておくのがポイントです。

 

下手でもいいから自分の手を動かしてみて、添削してもらう。

それだけで、人より多くのフィードバックをもらうことが出来ます。

 

webデザインスキルは、フィードバックをもらう度に向上していくもの。

毎回の課題の度に他の人の何倍もフィードバックをもらっていたら、

当然差がつくし、身につくスキルの質も圧倒的に変わってきます。

 

 

インプットよりアウトプット

webデザインスキルは、いくらインプットをしても、

アウトプットをしなければ絶対に上達しません。

 

例えば、スクールでLPデザインについて学んだなら、

スクールの課題にはなくても、自分でLPを作ってみる。

あるいは、課題で出たとしても、違うテーマのLPを自主的に作ってみる。

 

新しいことを学んだら(インプットしたら)すぐに、

自分の手を動かして作ってみる(アウトプットしてみる)。

 

この繰り返しでしか、webデザインスキルは身につきません。

 

 

自分で検索する癖をつける

スクールの講師に質問し放題だからといってなんでもかんでも質問してしまう人は、

スクールを卒業した後、自分の力で答えを見つけられず、苦労することになります。

 

分からないことがあったら、まずは自分で調べてみる。

それでもどうしても分からなかったことだけ質問する。

これを徹底しましょう。

 

さらに出来る人は、答えを聞くのではなく、考え方や調べ方を質問するようにする。

これが出来る人は確実に成長します。

 

プロのwebデザイナーになってからも、

分からないことを検索することは毎日のようにあります。

 

検索力がない人はwebデザイナーには向いていないと言えるほど、

検索力は重要なスキルの一つです。

 

 

結局は自分次第

高額のスクールに通ってもまったくスキルが身に付かない人もいれば、

独学でもwebデザイナーとしてバリバリ活躍している人もいます。

 

スクールはあくまで基礎的な知識やノウハウを学ぶための場所です。

そこから実際に学んで行動を起こしていくのは、自分しかいません。

 

スクール卒業後も、常に勉強しながら行動を起こし続ける

これが出来る人は、みんな輝かしいキャリアを歩んでいます。

 

 

独学はおすすめしません

スクールは高いし、独学でいけたら嬉しいんだけど…。

そんな相談をいただくことがありますが、独学はおすすめしません…!

 

独学だと、スクールの何百倍も時間がかかるし、効率も悪く、精神的にもしんどいです。

 

独学だと挫折しやすい5つの理由を、こちらの記事で解説しています。

webデザイン、独学はおすすめしません!独学だと挫折する5つの理由
webデザイン、独学はおすすめしません!独学だと挫折する5つの理由webデザインを学びたいんだけど、スクールに行くべき?独学でもいける? 独学は茨の道だからおすすめしません!! 最近こんな質問をよくいただくので、独学だと挫折する5つの理由を解説します。...

 

 

まとめ

以上、webデザインスクール選びのポイントと、

スクールを120%活用するために知っておいてほしい心構えをご紹介しました。

  1. webデザインスクール選びのポイント
  2. スクールを120%活用するために、知っておいてほしいこと

 

webデザイナーになるロードマップについては、こちらの記事で解説しています。

新卒未経験でwebデザイナーになる方法。実体験を元にしたロードマップを公開します
新卒未経験でwebデザイナーになる方法。実体験を元にしたロードマップを公開しますこの記事では、「将来のためになにかスキルを身に付けたい!」と思っている大学生の方に向けて、次のポイントをご紹介していきます! ・新卒未経験でwebデザイナーになるためのロードマップ ・私の実体験を元に、成功するためのアドバイス ・webデザイナーの将来性...

大学生じゃない方にも、参考にしていただきたい内容が盛りだくさんですので、

ぜひ一度、目を通していただけると嬉しいです。

 

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加中です。

記事を気に入っていただけたら、猫様をぽちっとしていただけると嬉しいです!