暮らし

ルーを使わずにカレーを作りたい!カレー粉と家にあるもので簡単。胃もたれしないカレーのレシピ

カレーって美味しいし簡単に作れて嬉しいんですけど、

カレールーに使われている大量の油のせいか、

胃もたれしてしまったり、洗い物が脂っこくて大変だったりしませんか?

 

せっかく野菜をたっぷり使って作ったカレーも、

カレールーのおかげで、むしろ体に悪い気がしてきちゃいます…。

 

そこで、ルーを使わずにカレーを作ってみました!

スパイスとかよくわからないから家にあるものだけで簡単に作りたい! 

ずぼらな私でも、ちゃんとカレーが出来ました。感動です。

 

材料は、カレー粉と家にあるものだけ

今回は4人前くらいで作りました。

ずぼらなので、大さじをいちいち測ったりとかはしません。

味見しながらやっていけばなんとかなります。

 

具材はお好みで

・にんじん:1本

・たまねぎ:1個

・とりもも肉:400gくらい

 

必須の材料

・カレー粉:大さじ3くらい。水の量による

・コンソメ:大さじ2くらい。水の量による

・塩:適量

 

必須ではないけど今回使ったもの

・オリーブオイル:炒める用

・にんにく:みじん切り。好きなだけ

・塩こしょう:お肉の下味

・料理酒:適量

・みりん:適量

・しょうゆ:適量

・ケチャップ:適量

・家にあるソース(我が家にあったのはお好み焼きソース):適量

 

下準備

具材をお好みの大きさに切っておく。

にんじんは皮ごとでOK。

 

お肉に塩胡椒をふっておく。(必須ではない)

これだけで準備完了!

 

鍋に油をひいてニンニクを炒める

にんにくを刻むのすらめんどくさいので、

私はいつも、業務スーパーで売ってるこちらを使っています。

パスタとかチャーハンとか、何に入れても美味しくなるのでおすすめ。

 

 

鍋にオリーブオイルを入れて、ガーリックを適当に入れます。

すごい雑ですがいいんです。食べたら一緒。

 

具材を投入して炒める

にんにくの香りが立ってきたら、具材を投入。

この辺は普通のカレーの作り方と一緒ですので、いつも通りで大丈夫です。

私はにんじんと玉ねぎが苦手なので、先に炒めて良く火を通します。

途中でお肉も投入。

 

一般的には、お肉を先に炒めて、焼き色をつけてから野菜を入れる、で良いと思います!

 

お好みでお水を入れる

ここで普通のカレー感覚で水を入れてしまうと、しゃばしゃばなカレーになってしまいます…!

この写真はお水入れすぎ。

 

水っぽいカレーが好きでない方は、

無水で作るか、お水は少しだけ、にしておくと良さそうです。

 

※追記※

水を入れすぎちゃっても一晩置いたらいい感じになってたので、

一晩置いてから食べるぜ!という方は、普通のカレー感覚でお水入れても大丈夫そうです!

 

お好みで調味料を投入

必須調味料はこれだけ!

・コンソメ

・塩

野菜スープを作る感覚で、適量を投入します。

 

今回私は、

・料理酒

・みりん

・しょうゆ

も、このタイミングで投入しました。

味に影響あったのかは良くわからないけど、なんとなく入れると良い気がする。

 

ふたをして煮込む

この辺まではいつものカレーと同じ感覚。

好きなだけぐつぐつ煮込みます。

 

カレー粉を投入して味を整える

煮込めたら、野菜スープからカレーに変えてあげます。

私が使ったカレー粉は、こちらも業務スーパーで売ってる100円くらいのやつ。

色々入ってるからこれだけで済むんですね。

 

私はお水を入れすぎてしまったので、

大さじで言うと5杯くらい入れた気がします。

 

入れすぎると辛くなったり粉っぽくなったりしてしまうので、

大さじ2くらいから、味を見ながら調整していってください。

 

味が薄いなと感じたら、

・カレー粉

・コンソメ

・塩

・ケチャップ

・ソース

・しょうゆ

この辺りを少しずつ足して調整していくと、いつの間にかカレーの味になっていきます!

 

完成!

水を入れすぎたのでスープカレーみたいになってしまいましたが、

味は完全にカレーになりました!良い感じ。

 

胃もたれしなくて体に優しい

ご飯にかけてカレーライスとして食べてみましたが、

ルーを使って作った時と変わらない味で、ちゃんとカレーでした!!

 

辛さは中辛くらい。甘口派の方にはちょっとピリ辛かも。

 

それでいてコッテリしていないので、さくっと食べれちゃう。

胃もたれも全然ないし、これはもう、カレールーいらないな…!!

 

ぜひ、簡単に作れて体にも優しいカレー、作ってみてくださいね!

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加中です。

記事を気に入っていただけたら、猫様をぽちっとしていただけると嬉しいです!