好きなもの

BUMP OF CHICKEN aurora ark 2019ツアーファイナルLIVE映像が尊すぎる

BUMP OF CHICKEN aurora ark 2019ツアーファイナルLIVE映像が尊すぎる

『BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark TOKYO DOME』が、

Netflixで配信されています!!(2021年2月現在)

 

祝日にも仕事(副業)を頑張ったご褒美に、

2時間半、片時も目を離さず、食い入るように鑑賞させていただきました…!!

 

この記事は、中学生の頃からかれこれ10年以上BUMPに救われてきた私が

BUMPのライブ映像をみながら感想という名の発狂をしているだけです\(^o^)/

なにも有益なことは話しません!!!

 

 

実際のライブの際は曲に聴き入って集中するのですが

お家でライブ映像を観ているときは、思い出が走馬灯のように蘇ってきていろいろ語りたくなってしまうので

そのまま文字に起こしました。笑

実際は、書いたことの10倍いろんな想いがあるのですが、だいぶ省略しおります。

 

レポを書いてしまうと著作権上も問題なので、

セトリ以外はあくまで私の感想のみです/(^o^)\無益!

 

人生でやりたいことリストのひとつに

「BUMP好きな人で集まってBUMPのライブ映像鑑賞会やりたい!!」というのがあるので、

いつかどなたかと一緒に実現できたら嬉しいです。

 

では、aurora arkツアーファイナル、スタートです!!

この記事にはライブ映像のネタバレを含みます。

有益な話は特にありません。そして、管理人の感情が崩壊しています\(^o^)/

 

イントロダクション

藤くんはいつも、リスナー全体に、じゃなくて、私たちひとりひとりに語りかけてくれるんですよね…

 

それはそうと藤くんの発声方法ってなんかすごい。

喉からじゃなくて、もっと身体の深いところから出している感じ。

響くんだよなぁ。

声フェチにはたまらない…。

 

Sound Effect

ライブ前に流れる曲、Sound Effect略してSEっていうの知ってました?

私は今知りました。

 

ライブが始まる直前のあの高揚感、ワクワク感、待ちに待った感、

いろんな想いが高まるあの瞬間がたまらないんですよね。

 

大きなスクリーンに映し出されるツアータイトル。

映像さん、ほんとなにしたらそんなに美しくなるんですか…

 

Aurora

一曲目はAurora…!

早速右手を上げてリズムを取ります。(私が)

 

背景の大きなスクリーンに映し出される映像と、会場全体の照明が絶妙すぎて、

まるで宇宙の中で演奏しているみたい。

 

銀テープ、ライブ行く時はいつも持って帰ってたなぁ…。

後ろの方の席の時は届かないんだけど。泣

 

頭ふりふりしながら、めちゃくちゃ楽しそう。

なんなの??40歳のおじさんたち、かわいすぎん????

 

虹を待つ人

お〜おお〜おお〜おお〜!!!!

 

あぁ〜〜〜〜やっぱりファイナルは特別ですね。

 

4人とも、めちゃくちゃ笑顔…!!!

びっくりするぐらいの笑顔…!!!!

 

こんなに楽しそうにライブやってる姿を見られただけで

なんかもう当分生きていける気がする…。

 

天体観測

きましたー!!オーイエーヘーアハン!!!

 

まだライブハウスでライブをやっていた時代のBUMPさん、

あまりにも天体観測だけが人気になってしまったので、

ライブではあえて天体観測をやらないという時期もあったそうな。

 

でも曲たちはみんな平等。

それは違うよねってことで、普通にやるようになったって話してたな。

 

「「「今も一人追いかけている〜〜〜〜〜!!!!」」」

 

間奏

トークタイム、これがライブの醍醐味。

メンバーの絡みが面白すぎるのです。

 

全然関係ないけど藤くんのVネック姿めっちゃ好きでして。

藤くん、首周りがきついのが好きじゃないから、

Tシャツとか首元を広めにカットして改造してるって昔言ってましたね。

 

今度Vネック白シャツ買おっと…。

藤くんのコーディネート好き。真似したい。

 

シリウス

きましたシリウス。

サビで音程が下がるんですよね。

スタイリッシュで洗練されたかっこよさを醸し出す曲…!!

 

ライトが若干エヴァみたいな配色でかっこいい…

もうこの曲に関してはかっこいいしか出てこない!!!語彙力欲しい!!!

 

車輪の唄

アコースティック調のイントロが始まった…

車輪の唄ーーーーーーー!!!!

 

Kやラフメイカー、ダンデライオンに次ぐ、ストーリー形式の唄。

 

中高生のとき大好きで、家でずっと歌ってたら

お母さんに次の展開を予想されたことを思い出しました。

 

あああああライブならではの感情的な歌い方があああああああああああ

 

間奏:メンバー紹介

ボーカルギター、作詞作曲、藤原基央。藤くん。

ギター、増川弘明。ヒロ。

ドラム、升秀夫。秀ちゃん。

ベール、直井由文。ちゃま。

 

チャマが喋ってるところに藤くんが被せにいくのも面白すぎるし

ヒロはいつまでも肌がぴちぴちで20年間歳を歳を取っていないかのようだし

ヒデちゃんは相変わらずマイクでは絶対に喋らないけど笑顔が素敵だし

チャマ良いこと言ってるのにすぐ噛んじゃうのも可愛いし

 

推しが尊すぎるので、私はいつまでも生きていける気がする。

 

Butterfly

ニコニコしながらぴょんぴょんしてるのかわいすぎん???????????

 

ヒロ、国民的大スターBUMP OF CHICKENのギタリストなのに、

どこか垢抜けない感じが本当に不思議…いつまでも素人の高校生みたい…(褒めてる)

 

藤くんのアコギに貼ってあるステッカー欲しいな。

 

メンバー4人とも満面の笑み。

本当に心から楽しんでるんだなぁという様子が伝わってきて、

思わずこちらもぴょんぴょん飛び跳ねてしまう…!!

 

嫌なこととかつらいこととか抱えたままでいい。

そのままでもいい

心からこの瞬間を楽しめる。

そんなところがBUMPの魅力。

 

記念撮影

高校生活を送る、ワンピース麦わらの一味の青春劇を描いたアニメーションとのコラボ…!!

カップヌードルのCMでお馴染みです。

 

実は私、このライブ映像の前日の、東京ドーム公演に参加していました。

その時にはじめてライブ会場でアニメ映像を見て、めちゃくちゃ圧倒されたのを思い出しました…!

 

真剣な眼差しで演奏する4人の姿に、つい引き込まれてしまう。

 

話がしたいよ

バラードです…。

最近、主題歌になった映画『億男』も観ました。

 

2回目のサビの最後の、高音になる「話がした〜いよ〜」が好きすぎるんです…。

 

時々映るリスナーのみなさんの表情もとっても真剣で

そこがまた泣かせにかかってくる。

 

間奏:恥ずかし島へ移動

ライブ恒例の恥ずかし島がきました!!!

一番前のステージからは少し離れたところの、小さな小島で演奏します。

 

お客さんと近くて恥ずかしいから、「恥ずかし島」っていう名前になったとかそうでないとか。

 

大学生の時に行ったライブではたまたま恥ずかし島が近くにあって、

めちゃくちゃ人が集まってきて揉みくちゃになった思い出!!

 

最近のライブではアリーナも席が用意されてるから、そんなことはないのかしら。

 

真っ赤な空を見ただろうか

いやアレンジ強すぎん??????

っていう歌い方で始まった、「真っ赤な空を見ただろうか」!!!!!!!!

 

この曲好きな人多いですよね。

「好きな曲なに?」に対して「天体観測」っていうとにわか感出るから

「真っ赤な空を見ただろうか」って言えばコアなファン感が出る時代もありました。

(本当に好きだから言ってる方が多かっただけですよ)

 

BUMPの音楽を聴いてると、自然と人間の心を思い出すんですよね。

ダサくても、バカにされても、無駄に思えても、人間らしい、

そんな人生の営みが、途端に愛おしくなってくる。

 

最近仕事ばかりで、効率とかお金とか、そんなことばっかり考えていたけど

意味がないように思えるくだらない事だって、生きてる証拠。

愛おしい事なんだって、思い出させてくれる。

 

20年以上ずっと、音楽を届け続けてくれてありがとう。

 

リボン

BUMP4人の絆を歌ったような、優しい唄。

 

藤くんが結婚を発表して、その後チャマの不倫報道が流れて。

活動休止になったチャマだけど。

 

きっとまたリボンを結び直して

戻ってきてくれると信じてるから!!!!!!!

 

望遠のマーチ

もう、イントロが始まる前のイントロのイントロ??で、

なんの曲が始めるのか結構わかるようになってきました。

 

「なにを言おうとしたのっ」の、「のっ↑」とちょっと上がる感じが好き。

 

こんなに、リスナーひとりひとりに対して真剣に向き合って

真剣に届けようとしてくれる人、いるんだろうか。

 

GO

『GO』のイントロが始まったと思ったら…!!!

イントロに合わせて『メロディーフラッグ』の一節を…!!!!!

 

メロディーフラッグと言えば、忘れもしません。

2011年3月。

東日本大震災があった、その後。

 

震災後初のSCHOOL OF LOCK!(ラジオ)の放送で

一番初めに流れた曲が、『メロディーフラッグ』でした。

 

多くの人が多くのものを失い、

想像もできないような絶望や喪失感の中で流れた『メロディーフラッグ』は

深く深く心の奥底まで染み渡って、包み込んでくれるような唄でした。

 

Spica

ここできたかSpica〜〜〜〜〜〜〜〜

 

プラネタリウムみたいに、小さな光がたくさん光って集まって

幻想的な光景に、言葉を失います。

 

ray

盛り上がらないわけがないーーーーーー!!!

ライブの定番曲となったrayです。

初音ミクとのコラボした時のライブも最高だった。

 

バラード以外の曲で、手を左右に振るタイプの曲はrayくらいじゃないかな?

 

rayのなにが素晴らしいって、

めちゃくちゃ明るい楽しい曲調なのに、「別れの唄」だってことなんですよ。

 

悲しいことも苦しいこともやるせないことも包み込んで、

「生 き る の は 最 高 だ」

って思わせてくれるBUMPのパワーってすごいんですよ。

 

新世界

ベイビーアイラブユーだぜーーーーーーーーーーーー

手拍子が楽しくなっちゃう曲きました!!

 

夢中で動き回ってる藤くんを見てるだけで、

ついつい笑顔になってしまう。あかん。電車とかで見たらいけんやつ。

 

最高に愛おしいな、人生。

 

supernova

ああああああ〜〜〜〜私が一番最初に好きになった曲。

中学生の時、アルバム『orbital period』の歌詞カードの絵本を見て

曲も聞かず、歌詞だけを見て、好きになった曲。

 

人生で初めて買ったCDも、supernovaでした。

中学生にとってはアルバムは高くて買えなくて。

シングル1枚で精一杯。

大切に聴いていました。

 

らんら〜ら〜ら〜ら〜へい〜へいへ〜いへい

らんら〜ら〜ら〜ら〜おおおお〜おお〜〜〜

 

流れ星の正体

最後の曲は流れ星の正体。

 

この曲が最初に公開されたときは、藤くん1人の弾き語りで。

藤くん手書きの歌詞とともに(誤字の訂正がかわいかった…)。

 

フルバージョンが公開されてから追加された、新しいメロディー。

力強くて、優しくて、美しくて。

最後の曲に相応しい、感動をありがとう…。

 

アンコール:バイバイサンキュー

バイバイサンキューって結構珍しい選曲!!

 

地元を離れて1人で上京する時、電車の中で聴いたなぁ…。

ひとりぼっちは怖くない。

 

アンコール:ガラスのブルース

BUMP結成当初の始まりの唄、ガラスのブルース!!!

アンコールの定番曲です。

 

1999年にリリースしてから20年以上も歌い続けられてきた、

昔からのファンにとっても思い出深い曲ではないでしょうか。

 

ヒロ、ギターうまくなったなぁ(私ギターほぼ弾けないですすみません)

昔ヒロが、ギターのスキル不足で脱退を考えていた頃もあったという話を聞いたので。

続けてくれてよかった…。

 

ライブ定番の合唱

「「「空を見上げてガラスのブルースをっっっ」」」

が大好きすぎる。めっちゃ声出す。ライブの時。

 

終了の挨拶

ここでの藤くんのメッセージで、無事に

 

涙 腺 崩 壊

 

著作権の問題もありここに書き起こすことはできないのですが、

これは…、ぜひ、聴いて欲しい…!!!!!!!!!!!!!

 

ここでの藤くんからのメッセージのおかげで、

これから何があっても、きっと大丈夫だと

BUMPが側にいてくれるなら何度だって立ち上がれると

心からそう思えました。

 

アンコールのアンコール:スノースマイル

前代未聞のアンコールのアンコール。

歌い始めたスノースマイル。

自然と戻ってきて、演奏を始めるメンバー。

 

バンドのかっこいいところ見せてもらったよ…。

そりゃ泣くよ…。

 

アンコールのアンコール:花の名

さらにもう一曲なんてなんて贅沢な…!!!

アンコール4曲!!!!!

 

あああもう感情が止まらないね。

BUMPを好きでよかった、出会えてよかった。

 

そう、心から思える2時間半でした。

 

BUMPLIVE鑑賞会をやりたいんじゃ

そんなこんなで、こんなことを1人で発狂してるのもなかなか寂しいので、

ぜひどなたか、一緒にBUMPLIVE鑑賞会をやりましょう〜〜〜〜!!!

 

気軽にTwitterなどで絡んでいただけると、とても嬉しいです。

 

またライブをしてくれる日を楽しみにしながら、続きを選んで今日も生きていきます。

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加中です。

記事を気に入っていただけたら、猫様をぽちっとしていただけると嬉しいです!