デザイナー向け

【STDUIO×スプレッドシート×Zapier】自動返信メールが届かないとき、確認したい注意点

【STDUIO×スプレッドシート×Zapier】自動返信メールが届かないとき、確認したい注意点

STUDIOで作ったウェブサイトからお問い合わせがあった際に自動返信メールを送りたい場合、

  • Googleスプレッドシート
  • Zapier

と連携することで可能になります。

(詳しくは公式のTipsから

 

見落としがちな注意点としては、

スプレッドシートに特定の変更を加えてしまうと、Zapierのトリガーがうまく動作しなくなり、「自動返信メールが送信されない」という事態が起こります。

 

実際に色々検証してみて、「やってはいけないこと」がいくつか見えてきたので、備忘録としてまとめます。

 

スプレッドシートでやってはいけないこと

スプレッドシートで下記のことをすると、トリガーがうまく動作しなくなるのでNGでした。

  • 行を削除
  • 行を大量に追加(100件とか)
  • タブの並び順を変更(トリガーのタブが一番左にいないといけない)
  • タブ名の変更(Zapierに繋げる前に変えるのは大丈夫)
  • Googleアカウントのパスワード変更(変更後、Zapierで再接続すれば大丈夫)

 

こう見るとかなり制約があるので、スプレッドシートを色々いじってお問い合わせの管理をしたい場合は、QUERY関数で別のシートの情報をひっぱるなどして管理する必要がありそうです。

 

お問い合わせが大量にある場合はZapierのアップグレードを

お問い合わせが月に100件以上を想定されるサイトの場合、Zapierのフリープランの上限を超えてしまいます。

アップグレードする必要が出てくるので注意です。

Zapierの料金プランはこちら

 

Zapierは英語ツールなので使い慣れないかもしれませんが、自動返信メール設定にプラスしてチャットワーク通知を飛ばすようにしたりなど、運用を助ける工夫がいろいろできます。

ぜひ活用してみてください〜
ブログランキングを見る

ブログランキングに参加中です。

記事を気に入っていただけたら、猫様をぽちっとしていただけると嬉しいです!