暮らし

時短×節約×栄養満点の料理テクニック!冷凍ストックにおすすめの食材と活用法をご紹介

時短×節約×栄養満点の料理テクニック!冷凍ストックにおすすめの食材と活用法をご紹介

毎日自炊するって、想像以上に大変ですよね。

 

かといって外食ばかりではお金がかかる。

作り置きもいいけれど、数日しか持たないし…。

健康のために野菜を買っても、使いきれなくてだめにしてしまうことも…。

 

そんな風にお悩みの方におすすめなのが、

✔︎ 安いときに食材を買っておいて

✔︎ カットした状態でジップロックに入れて

✔︎ そのまま冷凍しておく

 

そして、料理する時は

✔︎ 冷凍のまま使いたいだけフライパンに直接投入

もしくは

✔︎ 調味料と一緒に耐熱容器に入れて、レンチンして料理完成

 

という、究極のずぼら時短料理!!

 

この調理法を始めてから、

・食費が安くなった

・野菜を食べる機会が増えた

・圧倒的に調理時間が短くなった

という、夢のような自炊ライフを実現することもできました。

 

この記事では、そんな冷凍ストックにおすすめの食材と、おすすめの活用方法をご紹介します!

冷凍庫で野菜で溢れかえって大変だ〜 

 

きのこ

常に欠かさずストックしておくのがきのこミックス。

舞茸、しめじ、えのき、エリンギ、しいたけ…などの中から、

好きな物を3種類くらい買ってきて、ミックスしておきます。

 

こんな感じ。このまま冷凍庫にぽい!

きのこミックスを冷凍ストック

 

パスタを茹でるときに冷凍のまま一緒に入れたり、

フライパンにそのまま投入してバター醤油炒めにしたり、

鍋に水と調味料と一緒にぶち込んでスープにしたり。

 

幅広く使えるのでかなりおすすめ!

しかも、きのこは冷凍した方がうまみと栄養が増すので、さらにお得です。

 

ほうれん草

ほうれん草も、カットしてジップロックに入れるだけ。

 

ほうれん草も何にでも使えますよね…!

パスタやグラタン、シチュー、炒め物、お味噌汁など…。

 

ちょっと緑を足したいなというときにちょこっと使いもできるので、

冷凍ジップロック戦法はやはり最強です。

 

小松菜

栄養満点の小松菜も、カットしてそのまま冷凍!

煮物や炒め物に使っても良いですが、おすすめはスムージー!

 

冷凍のままの小松菜と、バナナ、豆乳(牛乳)、はちみつを入れて

ミキサーで混ぜるだけであっという間に小松菜バナナスムージーができちゃいます。

小松菜の味はまったくしないので、健康に良いバナナジュースという感じ。

 

ちなみに、我が家で使っているブレンダー(ミキサー)がめちゃくちゃ使いやすくて

特に夏場はスムージ作りで大活躍してくれているのでおすすめです。

 

にんじん

にんじんは、2パターンの切り方で冷凍しておくと便利です。

短冊切りは、焼きそばや中華丼などに。

角切りは、カレーやスープ、煮物などに。

 

あまり大きく切りすぎると、解凍に時間がかかってしまうので、小さめが良いかも!

 

玉ねぎ

玉ねぎも、2パターンの切り方がおすすめ!

スライスしたものはカレーやスープなどに。

みじん切りにしたものはミートソースなどに。

 

冷凍するとシャキシャキ感が失われるので、煮込む料理に向いています。

 

白菜

冬は白菜が安いですよね〜!

サイズが大きいので、一度で使い切るのが大変だったりします。

そんなときこそ、カットして冷凍してしまいましょう!

 

鍋に入れたり、スープにしたり、炒め物に使ったり。

白菜はくせがない分いろんな料理で使いやすいので、冬は常にストックしてあります。

 

こちらも、冷凍するとシャキシャキ感は失われるので、スープなどがおすすめ!

 

大根

大根も、いろんなところで使えます。

すりおろした状態で冷凍しておけば、好きな時に好きなだけ大根おろしが使えます。

 

いちょう切りにしておけば、そのまま煮物に。

一度冷凍した大根は、少ししなっとして食感が変わるので、美味しさは落ちるかも…。

 

にら

にらも、カットしてストックしておくと重宝します!

卵スープに足して中華風にしたり、

焼きそばやチャーハンなどちょっと緑を足したい時に入れてあげたり。

 

もちろん、そのままフライパンに投入して、ニラたまだって作れちゃいます。

冷凍のままでも、すぐに火が通るので楽ちんです。

 

かぼちゃ

薄切りにしてストックしておいて、焼いて塩をかけるだけでもおいしいかぼちゃ。

角切りの状態で冷凍しておけば、そのまま煮物にしてしまうこともできます!

 

もやし

もやしって消費期限が短いので、安くても手を出しづらいですよね。

でも、冷凍してしまえば大丈夫!

シャキシャキ感は失われますが、スープや炒め物にささっと使えて楽ちんです。

 

お魚やお肉

野菜だけでなく、お魚やお肉も、カットして冷凍しておくと最高です。

さらに、下味をつけた状態で冷凍してしまえば、

食べる時は焼くだけで立派なおかずが完成。

 

冷凍カット野菜をちょっと足せば、栄養バランスも整っちゃう…。

 

チーズ

ピザ用チーズなども、そのまま冷凍OK!

冷凍のまま振りかけて、溶けるまで加熱してあげれば大丈夫です。

 

豆腐

豆腐もそのまま冷凍可能。

解凍する際は、水分がたくさん出るので、ボールなどに入れてあげると安心です。

 

一度冷凍した豆腐は、ひき肉の代わりとして使うことが出来ます。

そぼろやハンバーグなど、味を濃いめにしてあげると、お豆腐でも満足できますよ!

 

冷凍に向かない食材

これまではカット冷凍におすすめな食材を紹介してきましたが、

冷凍に向かない食材もご紹介しておきます。

 

・じゃがいも

・ごぼう

・サラダ向けの野菜(レタスやきゅうりなど)

など

 

一度冷凍したものは生食では美味しくないので、サラダ野菜は冷凍には向きません。

また、じゃがいもも、ぱさぱさした食感になってしまい、おいしくないです。

 

時短×節約×栄養満点で美味しいご飯

以上、カット冷凍におすすめの食材をご紹介しました。

✔︎ 安いときに食材を買っておいて

✔︎ カットした状態でジップロックに入れて

✔︎ そのまま冷凍しておく

 

そして、料理する時は

✔︎ 冷凍のまま使いたいだけフライパンに直接投入

もしくは

✔︎ 調味料と一緒に耐熱容器に入れて、レンチンして料理完成

たったこれだけ!

 

冷凍なら期限も長持ちするので、なかなかスーパーに行けない時も

まとめ買いで冷凍ストックしておくこともできます。

 

ぜひ、冷凍ストックを活用して、日々の料理を楽に楽しくしていただけたら嬉しいです。

 

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加中です。

記事を気に入っていただけたら、猫様をぽちっとしていただけると嬉しいです!