暮らし

筋トレ初心者が、ジムに通い続けるための10のコツ

筋トレ初心者がジムに通い続けるための10のコツ

運動不足解消やダイエット、身体づくり・・

ジムに通い始めたけど、なかなか続かない!という方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、

・運動音痴、万年運動不足

・筋トレ初心者

・継続が苦手

・ガリガリで筋肉ゼロ

こんな私が、ジムに通い続けるために実践した10のコツを、お伝えしたいと思います!

 

ジム継続のコツ1:近所のジムを選ぶ

これはめちゃくちゃ大事です。

少しでも遠いと、すぐに行く気をなくします。

スーパーに買い物に行く感覚で行ける距離がベストです。

 

家の近くにジムがないよ…というあなた、いきなり物理的に不可能なコツですみません…!

ぜひ②以降のコツを参考にしてみてください。

 

ジム継続のコツ2:ジムに行く予定をあらかじめスケジュールに入れる

これはジム以外にも効くライフハックです。

あらかじめ、1日の予定の中にジムに行く時間を入れてしまいましょう!

 

私は、毎日の予定をグーグルカレンダーで管理しています。

こんな感じ。黄色い枠で「ジム」と入れています。

グーグルカレンダー活用法

 

毎週の予定として、決まった時間に入れてしまうのがコツです。

 

こうすることで、「今日ジム行こうかな…どうしようかな…」と迷う隙を与えません。

その時間になったら、「ああジムの時間だ」と、そそくさと準備をして家を出る。そんな感じです。

 

ジム継続のコツ3:ジムに行く準備を最小限にする

ジムに行くには、着替えを用意して、室内シューズも持って・・と、準備が面倒ですよね。

それで行く気をなくしてしまっては本末転倒、準備は最小限にしましょう!

 

服装は、「ジムで運動をする格好+1枚上から羽織るだけ」で完了です。

夏場は羽織らずにそのまま行きましょう。

近所のスーパーに行く感覚です。どんな格好だろうと誰も気にしません。大丈夫です。

 

室内シューズに関しては、外で履いているスニーカーをそのまま使います。

もちろんそのままでは汚いので、毎回ウェットティッシュで底を拭いてから使います。

ジムの更衣室では、上着を脱いで、靴の底を拭くだけ!

簡単ですね。

 

持ち物も最小限に留めます。

できれば、ちょっと買い物に行く時用のバッグを用意しておいて、それを常に使うようにしましょう。

 

持ち物は、

・ジムの会員カードは手帳型のスマホケースに収納

・飲み物は持参(節約のため)

・ワイヤレスイヤフォン(何か聴きながら筋トレする方は)

・タオル

・ウェットティッシュはバッグに入れっぱなしにしておく

これくらいです。

 

着替えも不要なので、かなり身軽です。

 

ジム継続のコツ4:初めに体組成計で自分の状態をチェック

ジムに行ったら、いきなり筋トレ・・はちょっと待ってください。

まずは、自分の筋肉量を把握して、必要なトレーニングを理解しましょう。

 

大体のジムには体組成計がついていると思いますので、まずはそちらで現状把握。

ちなみにジム初日の私の筋肉量はこんな感じです。絶望的ですね。

体組成計で筋肉量を把握しましょう

 

これはジムによると思いますが、私が通っているジムでは、結果を紙で出力してくれます。

そして、スタッフさんが、結果の見方も教えてくれますので、最初にしっかり聞いてみましょう。

 

特に聞くべきは「自分はどこを鍛えるべきか?」です。

これがわからないまま闇雲にジムに通っても、効果があるのか不安になっていき、やる気がなくなってしまいます。

 

私のように、全身の筋肉がない方の場合は、

「全部鍛える必要がありますが、まずは面積の広い、胸・背中・脚の筋肉を重点的にやりましょう」

とのことです!!

 

ジム継続のコツ5:最初に筋トレマシンの使い方を聞く

筋トレマシン、いっぱいあるし、どれをやったらいいかわからない。

使い方もわからない。何回やったらいいのかもわからない。

 

とりあえず分かりやすいエアロバイクやランニングマシンだけ使ってみる・・。

これだと、運動効果があまり得られない可能性が高いです!

 

そんな状態では、ジムに通うモチベーションはどんどん下がってしまいますよね。

最初にしっかり使い方を確認して、安心してジムに通えるようにしましょう!

 

コツ④で紹介した体組成計の結果を元に、自分はどのマシンを使うべきか?をスタッフさんに聞いてみます。

ジムによっては、「トレーニングメニューを教えて欲しい」と言ってしまうと、別料金になってしまうことも。

 

うまく聞き出すコツは、

「あの、マシンの使い方を教えていただきたくて・・ちなみに私の体組成計の結果はこれなんですけど、このマシン使えば効果出ますよね?」

といった聞き方をすれば、断られることなく相談に乗っていただけるはずです!

 

間違ったマシンの使い方をしてしまうと、身体を壊してしまったりマシンを傷つけてしまうことにも繋がるので、ジム側としても避けなければなりません。

「マシンの使い方を教えて」をベースに聞いてみるのがコツです。

 

追加料金なしで聞き出すコツをご紹介しましたが、多少の追加料金は払ってでも、「自分に必要なトレーニングメニュー」は最初に把握しておくのがベストです!

 

ジム継続のコツ6:どれくらいの負荷で筋トレするべきなのかを知る

マシンの使い方はわかったけど、これを何回やればいいのか?がわからないと、不安になりますよね。

 

結論から言うと、「6〜12回を1セット」として、2〜3セット繰り返す。

これが効果的な筋トレです。

 

1セットで6回も出来ないくらいキツイと、負荷が重すぎる。

1セットで12回以上出来てしまうと、負荷が軽すぎる。

 

「6〜12回ぐらいできる」重さに調節してやってみましょう。

※ムキムキを目指す方などはまた目安が違ってきます。

 

一つのマシンに滞在する時間は3〜10分程度になるイメージですね。

上半身の筋トレと下半身の筋トレを交互にやってみると、楽だと思います。

 

また、「あぁ、キツイ!!けどもう一回・・!!」と感じるくらいに頑張るのが目安です。

今の自分にはちょっとキツイレベルの筋トレを続けることで、筋肉が成長してくれるのです。

 

少しずつでも、マシンの重りを一段階重くしていけるようにする。

これが筋肉成長の鍵になります。

 

ジム継続のコツ7:ちょっと物足りないくらいでやめる

一度ジムに行ったら、完全燃焼するまで頑張らないと…!と思っていると、続かないかもしれません。

 

もちろん、筋トレの効果を高めるためには、それくらい頑張った方が良いと思います。

ですが、なによりも大事なのは継続すること。

 

「ふぅ、頑張ったな…でももうちょっとやろうかな…」

くらいの気持ちで切り上げておくと、次の日も「またジムに行こう」という気分になれます。

 

ジム継続のコツ8:周りの目を気にしない

ジムにはいろんな方がいます。

ムキムキの方、すらっとした美人さん、スポーティな学生さん、おじいさんまで…。

 

大丈夫です。誰もあなたのことなんて見ていません。

 

筋トレするときって、食いしばったりして必死で恥ずかしい、と思ってしまう方もいると思います。

大丈夫です。みんな他人です。

 

そして何より、頑張っているあなたは美しいです。

 

ジム継続のコツ9:すぐに効果は出ないことを理解する

筋トレもダイエットも、効果が出ないとモチベーションが下がってしまいますよね。

でも、やっぱりすぐに効果が出るなんて、うまい話はないのです。

あるとしたら大体詐欺です。

 

まずは運動の習慣を作ることが何より大事!

効果は忘れた頃にじわじわ出てくる。

それくらいにゆる〜く捉えながら、少しずつでも継続することがコツです。

 

ジム継続のコツ10:自分を褒める

まず、ジムに行き始めた。

すごいですよね!!

そして、1ヶ月でも通い続けられた。

すごすぎます!!

 

万年運動不足だった方にとって、1日5分でも運動する習慣をつけることって、ものすごく難しいことだと思うのです。

それが、なんとジムに通えるようになるなんて!

すごすぎます。自分を褒めてあげてください。

 

継続できていることが自信になって、ジムに行くことが楽しくなってくると思います。

ぜひその調子で、楽しい筋トレライフを一緒に送りましょう!

 

運動習慣を身につけて後悔しない人生を

いかがでしたか?

私はずっと運動不足を感じながらも、なかなか運動習慣を身に付けられずに苦労してきました。

 

YouTubeの筋トレ動画を見ながら家でエクササイズをしたり、

1日20秒でもプランクをやるように心がけてみたり、

ドライヤーしながらスクワットしてみたり・・

 

結局、どれも継続できず。

私の場合は、「ジムという運動するための空間」に行くことで、習慣化に成功することができました。

また、「お金を払っている」という感覚も大事なのかもしれません。

 

ぜひ、あなたなりに継続するためのコツを、見つけてみてくださいね。

私の工夫が、あなたの運動習慣を継続させることに、少しでもお役に立てたら嬉しいです!

 

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加中です。

記事を気に入っていただけたら、猫様をぽちっとしていただけると嬉しいです!