暮らし

私の青春、BUMP OF CHICKENのCDにバイバイサンキューした話

BUMP OF CHICKENのCDniバイバイサンキューした話

BUMP OF CHICKENは、私の青春でした。

 

中学生の時に出会ってから、10年以上もずっと追いかけてきた。

学生にとって、決して安くはないCDやDVDを、コツコツ集めてきました。

 

大学生になって、一人暮らしを始めてから、自分専用の本棚に飾って。

幸せな気持ちになってました。

 

そんな、私の青春を、ついに手放すことに決めました。

 

この子たちを…

BUMPのCDたち

 

愛がなくなったわけではない

まず、声を大にして言いたいのは、愛がなくなったわけではありません!!!!!!

 

たしかに最近BUMPさんは、藤くんが突然の結婚報告でファンを殺しにかかったり、ちゃまの不倫騒動でメンバーを泣かせにかかったり(あの週のポンツカは胸にとどめような、みんな)。

ファンを辞めてしまった方もいるのかも知れません。

 

でも、私は、BUMPを愛する気持ちはまったく変わりませんでした。

 

人間不信になっていた中学生の頃に、BUMPに出会って救われたこと。

死にたいと思った夜に、BUMPの唄に励まされたこと。

ビビって逃げ出したくなる決断に、BUMPが背中を押してくれたこと。

 

その事実は、何があろうと変わらないから。

 

CDを買う理由がなくなってきている

では、なぜBUMPのCDすべてを手放そうと思ったのか。

 

大きな理由は、CDを開く機会がなくなったから。

今どき、CDやCDプレイヤーがなくても、スマホから音楽が聴けてしまいます。

CDを買う理由は「コレクションしたい」くらいしかないのかもしれません。

 

ただ、BUMPの場合は、歌詞カードが凝っていたり(orbital periodは歌詞カード込みで聴いて欲しい。ほんまに)

smileのシングルを除いて、すべてのCDに「隠しトラック」が入っているので、CDを買う価値はまだまだあるんですよね…!!

 

物を保持することに価値を感じなくなってきた

いままでは、「コレクション」して、保有して並べておくことに幸せを感じていました。

 

もちろん、発売前日にフラゲして、新曲にワクワクして、歌詞カードをじっくり眺めて、隠しトラックに興奮して…そんな気分を一度味わうためだけに買ってる節もありました。

 

コレクションに興味がなくなったのは、ミニマリズムやLess is Moreをいう言葉の流行からも分かるように、時代の風潮かもしれません。

 

私は個人的に、「スーツケースひとつで生活できるようになりたい」という裏目標を持っており、引越しをするたびに物を減らしています。

 

それをいよいよ実現のフェーズに乗せたいな、という思いから、思い切って手放すことにしました。

 

BUMPの力を借りなくても、生きられるようになった

もう一つ大きな理由は、昔ほど、BUMPの力を借りなくても生きられるようになったからだと思います。

辛いことや、迷うことがあっても、自分の力で、なんとかできるようになってきた。

 

でも、本当に本当に辛い時は、今でもBUMPの唄を聴きます。

優しく背中を押してもらって、続きを選ぶ恐怖に勝つのです。

 

BUMPさんへ

いろんなことが落ち着いたら、またLIVEをやってください。すぐに飛んでいきます。

 

思いっきり飛び跳ねて、思いっきり泣いて、思いっきり笑うために。

CDを手放しても、BUMPとの繋がりがなくなるわけじゃないと、信じているから。

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加中です。

記事を気に入っていただけたら、猫様をぽちっとしていただけると嬉しいです!